img_02

調理師専門学校へ通うなら食品衛生責任者資格取得も

テレビやドラマなどでよく見かけるシェフやコックといった料理人。
食・調理に関するプロで、人気の職業ですが、特に”調理師”とは、国家資格である調理師免許を持つ人のことをいいます。


調理師になるためには、厚生労働省に指定された養成所、つまり調理の専門学校へ入学して学び、卒業するか、自分で国家試験を受けて合格する必要があります。

学校へ通っていない場合の試験受験資格は、中学生以上であること、調理の実務経験が2年以上であることになります。

試験は筆記試験で食品学・栄養学・食品衛生学・調理理論などの7科目から出題されます。

これらの科目を学ぶことでただおいしい食事が作れるだけでなく、料理人としてのプロ意識の形成や新しいメニューの提案に役立ちます。この免許がなければなれない職業は無いのですが、レストランやホテルの料理人、学校の給食職員になるためには資格が有利になる場合が多いです。


では、自分のお店が持ちたい、カフェを開きたいと思ったらこの資格を絶対にもっていなくてはならないのかというとそうではありません。

最近気になった求人に関する情報満載です。

実は飲食店には調理師がいなくても法律的には問題ないのです。
飲食店を作るためには食品衛生責任者の資格が必要です。



食品衛生責任者とは飲食店などの衛生管理を行う人のことです。


この資格は、食品衛生責任者養成講習を受講するだけで取得することができます。



また、調理の専門学校の中には調理師免許と一緒に食品衛生責任者の資格を取得できる学校もあるので、学校を選ぶ際はこのことに着目すると良いです。